親をはじめ会社とか、問りの『ねえ、今日、何か面白いことなかった?』気楽ていいんだけど、セックスはシラけてくる。いいって感じに暮らしてみるのがよかった思うように変わっ結婚したら、セックスが義務みたいになって興味は半減。を使ってみて、友達のまま一緒た」ワマが合って、言葉が通じ合う男女が、セックスを必要としない関係になる例は、私の周りに少なくない。プラトニックラブと一えるほど、出向ではないが、出火川の友情、て十分の間何男と女の友情は、女性が自立して、男女の価値観が似てくると、増える傾向、が兄られる。こんな凶係の出火が紡賊して夫い仰になると、柏村安定剤が効きすまで、必.裂な興奮・晶、て抑えてしまう場合も山山てくる。以た者同士の友述結館、制差侃結婚は、大学入試とは逆にクリアしやすいが、学校のようにす?に卒業がこなにその後の長1い実践諜程に新しい技術が間われることになる、婚姻届を。どうでも。第四章高度成長の申し子たち第四宣言刈!立'』えllの申したち[-人間性剥奪の時代一九九(千成一一)年一月一日現在、二から二九般の引火は、一九六(附和三五)年一月二円から一九六九(昭利四四)年一二月コごの聞に生まれている。この一0年聞は、叶一兆の先進工業問て文化変・絡が符しかった。それは、資本制近代社会の論則伝統遊山寸に対する背年と少数派、弱者が巣議申立てをした人権闘争とカウンターカルチャーの台顕であった。アメリカは、一九五九年のキューバ革命の成功仁社会主義拡大の恥術を党え、一九六年同ベトナム解放戦線が結成されると、向山世界を守るという大義名分を掲げ市ベトナム政府を援助、一九六五年から北燥を始め、南北ベトナムの泥沼戦争へのめり込み、その結果、平半世拡大から赤字財政を叩いた。同時に、反戦運動が起こり、黒人は公民権、参政椛を確得して人種差別に一矢を報いた。第二次附界大戦の勝利がもたらした五0年代の繁栄の下でスウィトホムづくりに余念のろしがなかった女性は、黒人の人椛闘争に刺激され、解放の一叙燥を上げた。青年の問ではヒツピ、反戦フォーク、ロックンローペマリファナなどのカウンターカルチャーが’己表判切手段となり、。メイクラブ・ノット・ウォ10の古河に象徴される性の解放へ行き仏心行いた。そして、地上の大揺れにも唱して衝撃的だったのは六九年七日に、人類が初めて月世界にHAを託けた市主だった。日から搬った地球がテレビの同一山に引れた。

この数年はまた、来爪と地五の絡去、が急激に拡大した時代でもあった。八0年代後「以降、地方へ仕事‘て山かけると、地方都市に住む人から「主爪国はどフなってますか」なんて聞かれる。もっと旧合にいる人は「地方は東京の植民地になっている」と嘆く。あきヨ1・7、不ーが県庁所花地の地価を上げ、リ〆ト地を買い漁って生活を破段させているたち{--と。今年になって台前からやってきた知人はこう一。「トヨタが半を売るためにドッと人を送り込んできて、台北のマンションの家賃は卜ョ!と同じになって私たちが住めなくなった。ホント困っているこれからうなるの?」山皮経済成長以降の日本剛内は、予利から、会社、家族の平和へ棲小化され、八0年代はとうう自分の平和となった以ぱか分水位、円分がいちばん大切が公一一一ったタイペイ。.平和であることが当り前になって、平和の概念は世界。平和が続けば、文化は女性的にな目されて部られないもと母系文化であるから、文化に女性色が一段と濃くなっる。日本はもているニッポンティ、トーキキランド、である。この時代に生まれ、持けった引性は、時代のバックボーンと引性性を身につけにくかったことであろう。ビンポlって何?物心ついた時から絶対的貧困を体験しないだけでなく、問りに飢える人を知らない二代は、れ分たちの時代をどう担えているのか。引性二五人のほとんどは、貧困営体験していない、二三人があっけらかん「ビンボーは知らない」と答えた。「あの時は悲惨だった」体験を話したのは、プロ・ドラマーをめ、ざしている石原市三さん(二四)ひとり。「あの時」とは、高校を準業して入社した会社、て寮生前を始めた故初の二カ月、である。「広高木式を終えて、すぐ上京したの。三日から働きだして、八日の二人部川崎だったけど、もうひとりは上京が遅れて、ひとりだった。お金持っていなかったからストーブが口えなくてプルプル泌えてた。部川底にあったのはダンボール紡だけ。余計に浅々しくて夜、布団の中、ても浜えてた。『何だ、この切ない生活は!』と悲惨だった。四月下旬に、上の兄さん仇九’.守,がストーブと臨時川を口ってくれて、やっと人間の生前らしくなった」。彼は貯県にある児輩養護胞設、て育ち、就職のために上京した山際正彦さん合=ハ)は、自らは体験ないが、学習を兼ねたボランティア活動、て貧困を。身近に凡て問題立織を持ったとちの下町、て中学生を集めて一日川校進学の指導をするボランティアでした。

文化変芥を起こし、女の時代。のキャッチコピーが設場したのが一九七九(附和五凹)年、であった。『ジャパン・アズ・ナンバーワン』と同じく、疑問符つきながら、生産性向上第一主主て企業と職場にyO山飽る引性ぞい仇に、社会進山したOLt財布の組を料る主的仰が消費文化の花を咲かせた。その行動は国内に比まらず、海外へも広がっている。泌外旅行の急柄、で、老いも若きも什一山介巾・へ飛ぴ、年間一万人ちかくがあちこちで飲んで、食べて日物に桁を出している。八0年代は、小付制打川刊の。日本州品不沈山に付やか知的水準。先寸一けに凡。アメリカとのバランスで相対的に浮上した経済大向・円本に対する認識の欠如tJニ浦現象。に象徴されるような社会倫即日の消滅、て、な議存在が遊離したわけのわからない時代であり、よ地転がしの犯非性令術商品に日んられるようなケパケパしさばかりが目立った。北只昔、チャップリンの映岡にアラスカのゴールド・ラッシュぞ描いた『賞金狂時代』というのがあった。令,鉱探しに附起になる川たちの小にまぎれ込んだチャップリンは、飢えて幻党症状を星している男に食べられそうになるが、チャップリンは金鉱よりも制場の踊りに心を符われてしまい、ピンボ!なままに終る物川であった。八0年代後半になって、これまでに二度見た映阿を思い出しては、チャップリンが生きていて、令鉱採しに炊けえてよ地転がしをテ!?に映同をつくったら、どんなにおかしい作さ日川を削るかと恕品附したが、おそらくバカバカしくて映州にもならないと匙を投げたのではないかと思うようになった。一健千金を夢見る男が体を張って、気を狂わせながら-鉱探しに挑む委には、人間のペーソスとおかしきが感じられるから、まだロマンもあろう。しかし、土地転がしは札束、て決まるからギャンブルめいている。チャップリンはグロテスクな映附はつくらなかった。グロテスクにかけては、金箔向日川も劣らない。会出二万川分を張付けた車が走り、られるように、第四.高度成長の巾し純金仏像が鎮座する。金張りカメラ、純金名刺、令一箔入りゴールドソ。金箔コプまんうング米、すし、うどん、ラーメン、彼頭、コンニャクが社場、金箔一山や煎茶と此んでゴールド・グルメである。金箔おむすびをほおばると簡に金箔がつく。かつて成金が虫歯を金で駈い、文うと百以の王・ライオンと化した様相を見せて、自のやり場に閑ったがふたたびおむすび食品附の登山切でした。

ことわざ通り膨れ上がるのを幣き見入るばかりである。そのジャパン・マネーは、アメリカの企業口収の円以先端L(レパレッったから、世界マふーが、ジド・パイウト)の資令にも流れ込んでいる。これは日収する側が、まず受肌となる会社をつくって、買取ろうとする企業グループの資産を担保に銀行から借入れたり、中川利凪りの社前を発、世た。働仁地資産相は以後一店牒と考え、、。富国繁スーパ年代に結日聞か知を・ア行して口収資金を淵述する方法.である。しかし、借金がかさんでくると、グループ内の子会社をひとつずつ売って、的令一を減らす。今年一月に川…字経だったニューヨークのブルーミングデル百貨店が、会社更生法適用を申前したのは、親会社が背負わせた借金が重荷になったためと明らかにされた。LBOに附して、日本興業銀行の……博明・副頭取は雑誌「此掠」(一九九年二月ザ、れ波古店)で、インタビューに答えて「はちょっと極端」としながらも、「一種の生体解剖みたいなもので、ある意味でいうと資本、「仁義の内己青山花、です」と述べている。アメリカ金融界から山山引したの諭国は、企業の流動化を促し、産業を前性化させゅうじるとしているが、情報と余融が一体化し、実業を牛耳る状況を仰いている。会社に対する芯識、労働組はアメリカと日本、ては述うが、資本長義もここえて利潤追求の論を倣-Mnhはさせて動くようになると、同際ピジ、不ス持て成功するには、モラルは無説して金融の育者に。LBO、つなる以外にない即席になる抗余の策で終ってくれないと、かふれ融峨争。が人間性を制奪してしま・フ時代がやってこよう。アメリカは、日本は地に対する飢断水のツケが、近い将来阿ってくるような予感がする。ae第四.i\':il生成長のq1L了ーたちバックボーンを失った七、八0年代一九六年から一九八九年までの三0年間、束一尽に住みながら振り返ると、実感して受け止められる変化は、東京オリンピックを契機に葉小が進み、生前行動が伝統と断絶、テレビ・メディアの発達による枕控訴報の噌大に始まる。学凶紛争以降の戦後世代は大学ぞ大衆化し、応業構造の転換が第三次産葉を拡大させ、重川伸長大から軽薄短小への州航観の逆転。は凶家なり。とまで4パわれた世界一の鉄鋼、造船の彬が市くなり、自動車、ハイテクがH本の顔になっただけでなく軽薄短小は人間の生き方に£て及んでいる。そして、七0年代後半からの火性のな税交化。同際婦人年、同述対人の一年でか火の自立しました。

TBSブリタニ主であり、日の第四重量hawGNとなり、来点には超一日川用住築第一。俊しかゲル教授米貿易摩様であった。親分と思い込んでいたアメリカから「」の戸が上がり、驚いたのは本人.であったが、持ち上げられれば叫しい。ウっぽいとは知りつつ浮足立ってしまった。アメリカの経済危機・ドル安によって浮上した日本丸は、目標を失った航海と乗組員の閉鎖的性格によって航路を迷いながら八0年代へ入った。日本のJ小沈均し母。は一九八五(附利六)年、ふたたび世界の拘威となった。この年えてに者相した対外純資産は三低ドルで世界故大。九月にニューヨークで行われた先進五カ国蔵相・中央銀行総裁会議で、アメリカの経常収支赤字の原因が、ドル高であるとのAH立に述し、ね炊川市場への介入ぞ決めた。いわゆる。プラザ合意。の為枠制提である。その結染、ドルが急務、一ドルH二凹円だった門は二一円になり、一一月には二円を切った。翌八六年、経済企画庁が発表した。プラザ合意。以降一年間の円高・原油安δの差益は一兆問000億円に達した。還元額は半額以下であったが。また、口易収支が大幅な県宇になっていた日本の資産、総生産相は議,した。金余りである。金融機関は預令集めよりも貸出し先を探すのに懸命で、土地を担保にどんどん貸し、地怖をみるみる高勝させ、財テク・プムも起こし、一九八六(昭和六二年以来、株式資産総額は、を上凶ることになった。一九八七(昭和六二)年四月末の京点証券取引所の株式時価総額のドル換算の市場統桜はニューヨーク証券取引所の推定額を抜き界一になったくよりも株と土地を持ってじ。そして、土地資産の増加分が。っ・?不アメリカの間借に達した三三五兆円を上回るようになっとしている人の掠ぎのほうが夫人りがよい。ジャパンいら立つアメリカは、日本の経済構造変ふをー三一条を持ち出した明治時代の同強兵。に代って暗黙・裂の国際金融に占めるジャパンングが続いている・プロブレムは四割。、ジャパン・パッシつうらよう。日本政府の六商工令.であった。。年代以降の政策は、木人は戦争や他同へ武力似略さえしなければ、附一はあるまいと、ひたすら働き就けた紡栄が、八0一辺倒.て四0年間突っ走った同は世界に例がなか界から非難された第四fl,何度成長の"'し子たち,a〈り、や家を見た・財産を失うこ同を挙げて経済そしり。から無武任の一を受けてもブレーキを踏めず、海外.て附附するジャパン・以て集りました。

フランスの六0年代は、映同発祥の地にふさわしく映画のヌ!ベザヴァ1グで始まり、社非の映向山介を刺激して文化変終に一役目った。ド・ゴール大統領は一九六同年、小ソ対立点っ只中の小凶を爪認、毛沢東思想にふれた学生や労働者は、一九六八年五月、ゼ、みストに突入、九川危機。と呼ばれた文化災市を行い、伝統的なフランスの午前文化までぞ変えた。Oイギリスでは、航民地解放が相次、ナイジェリア、ジャマイカ、北ローデキプロス、シア等の旧植民地が独立、ビートルズやローリング・ストーンズがポップミュージックで打者文化の伏保同時代を展開した。西ドイツは、六0年代後半、学生の間にベトナム反戦運動が広がり、六八年に隣同チェコスロバキアで起きた。プラハのが。に応えて、久子学生が解放迎動を前発にし、戦後世代は国の文化政策の援助を受けてニュジャ!?ン・シ、小マ前日仰を開始した。日本は、一九六年の日米安保条約調印によって、アメリカの紘の傘下に列してアメリカ追従となり、一九六川(昭和三九)年の来京オリンピックの後、アメリカの繁栄を川原に経済以低先の舵収りになった。一九六丘(昭和問O)年から大阪.力同昨が附川慨された一九七P(凶民総生陀)が阿ドイツを抜いて一内側位以一てりの叫が附ピルが完成した六0年代後半は、九一)寸凶紛争、ベトナム反戦運動が起し、街中にデモが繰り広げられたが、テレビ契約数が二代の川和元砧(附和問五)年までが戦後故大の景気拡大則て、一九六八(昭和問三)年には。ぞうげこり、川塊の叶一代が象牙の併を批判。年代文化は、同欧の思想、芸術にふれる教義七義をパッカルチャーへと変質した。年代は、附界経済の抜未通貨であ,,aった。一万を超えたテレビ時クにした学生小心の附相を反転させるま、てには宅らなかった日本のムハ政治、社会迎動からテレビによるマス・+ったドルの切下げ三六川時代のた戦後仙一川介の新時代を経て迎えた七ドルショックな始まり、枇持経済は変副食品川場制となドル引終おである。七二年同和問七)年の沖制似州の後、田中角栄祈相が登崎日中凶交一文『日本列品改装制』でか田中ブ|ム。ぞ巻き起こしたが、。オイルショック。成し、、応業構造転出悦を行い。続山し、アメリカがインドシナ三川の戦争に足をとられている間に済優等生。と呼ばれだし、そこへ降って湧いたのがハーバード大学エズラ・ポ司ジャパン・アズ・ナンバーワン||アメリカの教訓』でした。